Unreal Engine マテリアルエディタ ショートカット | Material Editor Shortcut

UE5のマテリアルエディタショートカットリスト

≪マテリアル

UE5.0.3

キーノードイメージノード名備考
1Constant浮動小数点値
2Constant2Vector2チャンネルのベクター値
3Constant3Vector3チャンネルのベクター値
4Constant4Vector4チャンネルのベクター値
SScalar ParameterConstantをパラメータ化した物と同一
VVector ParameterConstant4Vectorをパラメータ化した物と同一
AAddたし算
MMultiplyかけ算
DDivideわり算
LLerp
(Linearinterpolate)
Alphaの値に応じて、AとBをブレンド
NNormalize座標情報を、法線方向を示すベクター値に正規化する。
O1-x
(OneMinus)
「1 – X」の値を出力
EPowerExpの値が乗数の値
IIf比較結果に基づいて他の 3 つの値のうち 1 つを渡します
Shift + CMask
(ComponentMask)
 (R、G、B、A) を選択して、出力に渡す
PPannerTimeとSpeedの値に応じて、テクスチャをスライド
BBumpOffsetグレースケールの高さマップを使用して深度情報を与えます
TTextureSampleテクスチャからカラー値を出力します
UTexCoord
(TextureCoordinate)
既定のUV値
RReflection Vector
(ReflectionVectorWS)
サーフェス法線上に反射するカメラ方向を表す 3 つのチャンネルのベクター値を出力
FUnspecified Function
(MaterialFunctionCall)
マテリアル関数を呼び出す
スペースバープレビューを強制更新

「エディタの環境設定」>「キーボードショートカット」>「マテリアルエディタ」で確認できます。

タイトルとURLをコピーしました