UE5 パッケージ化 Visual Studio 設定で困った時に見るページ

UE5のWindows パッケージ化の為のVisual Studio インストール設定まとめ。

≪親ページ | パッケージ化

UE5.0

検証 Ver UE5.0.3

  • UE5.0は、Visual Studio がインストールされていないと、パッケージ化ができません。
  • 「.NET デスクトップ開発」「C++によるゲーム開発」のインストール推奨。
  • Visual Studio 2022 の場合は、(個別のコンポーネント)「.NET Core 3.1 ランタイム(LTS)」の追加が必要。
  • インストール後、PCの再起動推奨。

Visual Studio 2019

おすすめ設定

VS2019 おすすめインストール設定 ≫Visual Studio 2019 ダウンロード

まず、alwei先生推奨の、3項目にチェックオン。

この中の、「C++によるゲーム開発」の4点

公式ドキュメントで、言及のある部分のチェックを確認しておきます。

また、言語パックを英語にしておく方が、文字化け対策などをしなくて済む為、

パッケージ化の為のインストールの場合は、特におすすめします。

≫日本語のVisual Studioを使いたい場合の、文字化け対策のリンク

単純なWindowsのパッケージ化の場合、必要ない設定もありますが、

  1. 外部プラグインを導入する可能性がある場合。
  2. Windows以外へのパッケージ化をする可能性がある場合。
  3. C++を少しでも触る可能性がある場合。

などの際に、エラー遭遇確率を下げる為、このあたりをインストールしておくのをお勧めします。

最低限必要な項目

Windowsのパッケージ化に、「最低限」必要なチェック項目 ≫Visual Studio 2019 ダウンロード
必須
  • .NET 6.0 Runtime
  • .NET Core 3.1 ランタイム(LTS)
  • .NET SDK
  • Windows 10 SDK (10.0.18362.0 以上推奨) 
上記+必須(プラグインの変更などをしている場合)
  • .NET Framework (4.6以上) SDK
  • MSV v142 – VS 2019 C++ x64/x86 ビルドツール(最新)

.NET SDK にチェック。これは必須でした。

.NET SDK にチェックを入れると、

.NET 6.0 Runtime

.NET Core 3.1 ランタイム(LTS)

の二つの項目にチェックが入ります。(上から順にチェックを入れても可)

Windows 10 SDK (10.0.18362.0 以上推奨)

オレンジの線、どれでもパッケージ化可能でした。
どれかにチェックが無いとパッケージ化できません。
パッケージ化の為には、どのバージョンでもいいですが、
C++開発用の公式ドキュメントでは、(10.0.18362.0 以上推奨)

以上のコンポーネントにチェックが入っていれば、

ブループリントのテンプレートプロジェクトは、パッケージ化可能です。

プラグインの変更をしている場合

.NET Framework (4.6以上) SDK

オレンジの線、どれでもパッケージ化可能でした。
どれかにチェックが無いとパッケージ化できません。4.8でいいと思います。

MSV v142 – VS 2019 C++ x64/x86 ビルドツール(最新)

こちらのビルドツールが必須でした。

「ブループリントプロジェクト」で、「標準搭載のプラグインを変更」程度であれば、

以上のコンポーネントだけで、パッケージ化が可能でした。

Visual Studio 2022

おすすめ設定

VS2022 おすすめインストール設定 ≫Visual Studio 2022 ダウンロード

他のバージョンと同じく、alwei先生推奨の、3項目にチェック。

次に、「個別のコンポーネント」のタブから、「.NET Core 3.1 ランタイム(LTS)」にチェック。

VS2019の時は、「.NET デスクトップ開発」にチェック入れるだけでよかった。

一応、VS2019用のドキュメントの設定を確認しておく。

単純なWindowsパッケージ化の場合、必要ない場合もありますが、

  1. 外部プラグインを導入する場合。
  2. Windows以外へのパッケージ化をする場合。
  3. C++を少しでも触るような場合。

などの際に、エラー遭遇確率を下げたい場合は、このあたりをインストールしておくのが良いと思います。

確認した方が良い点

エディタの環境設定 > ソースコード

何らかの要因で、ソースコードエディタが、Visual Studio 2019 に指定されていた環境で、パッケージ化ができませんでした。

デフォルト設定の Visual Studio に戻すか、Visual Studio 2022 を指定することで、パッケージ化が可能になると思います。

その他

最低限必要な項目

Windowsのパッケージ化に、「最低限」必要なチェック項目 ≫Visual Studio 2022 ダウンロード
必須
  • .NET 6.0 Runtime
  • .NET Core 3.1 ランタイム(LTS)
  • .NET SDK
  • Windows 10 SDK (10.0.18362.0 以上推奨) 
上記+必須(プラグインの変更などをしている場合)
  • .NET Framework (4.6以上) SDK
  • MSV v143 – VS 2022 C++ x64/x86 ビルドツール(最新)

最低限この6コンポーネントにチェックをいれると、パッケージ化ができました。

公式ドキュメントの、Visual Studio 設定に何が書いてあるか、一応知っておくべきなので、載せておきます。

ドキュメントに準拠したチェック項目は、以下になります。

Visual Studio 2019
  • C++ プロファイリング ツール
  • C++ AddressSanitizer (オプション)
  • Windows 10 SDK (10.0.18362 以降)

※Unreal Engine でC++開発をする為に必要な項目。

(ブループリントプロジェクトのパッケージ化には、必ずしも必要ではない。)

UE4.27

検証 Ver UE4.27.2

  • デフォルトのブループリントプロジェクトをパッケージ化する際には、Visual Studioは不要。
  • プラグインの変更の際は、Visual Studio のインストールが必要。
  • Visual Studio 2019 推奨、Visual Studio 2022 を使用することも可能です。
  • インストール後、PCの再起動推奨。

Visual Studio 2019

おすすめ設定

VS2019 おすすめインストール設定 ≫Visual Studio 2019 ダウンロード

まず、alwei先生推奨の、3項目

この中の、「C++によるゲーム開発」の4点を一応確認。

公式ドキュメントで、言及のある部分のチェックを確認しておきます。

また、言語パックを英語にしておく方が、文字化け対策などをしなくて済む為、

パッケージ化の為のインストールの場合は、特におすすめします。

≫日本語のVisual Studioを使いたい場合の、文字化け対策のリンク

単純なWindowsパッケージ化の場合、必要ない場合もありますが、

  1. 外部プラグインを導入する可能性がある場合。
  2. Windows以外へのパッケージ化をする可能性がある場合。
  3. C++を少しでも触る可能性がある場合。

などの際に、エラー遭遇確率を下げたい場合は、このあたりをインストールしておくのが良いと思います。

最低限必要な項目

Windowsのパッケージ化に、「最低限」必要なチェック項目 ≫Visual Studio 2019 ダウンロード
「ブループリントプロジェクト」+「プラグインの追加や削除」
必須はこの3つ
  • .NET Framework (4.6以上) SDK
  • Windows 10 SDK (10.0.18362.0 以上推奨)
  • MSV v142 – VS 2019 C++ x64/x86 ビルドツール(最新)

.NET Framework (4.6以上) SDK

オレンジの線、どれでもパッケージ化可能でした。

どれかにチェックが無いとパッケージ化できません。4.8でいいと思います。

Windows 10 SDK (10.0.18362.0 以上推奨)

オレンジの線、どれでもパッケージ化可能でした。

どれかにチェックが無いとパッケージ化できません。

パッケージ化の為には、どのバージョンでもいいですが、

C++開発用の公式ドキュメントでは、(10.0.18362.0 以上推奨)

MSV v142 – VS 2019 C++ x64/x86 ビルドツール(最新)

こちらのビルドツールが必須でした。

「標準搭載のプラグインの追加や削除」での検証な為、外部プラグインなどの場合は、別の要素が必要になる可能性があります。

また、いろいろなツールが入ったPCの場合、.NET Framework のチェックがいらない環境がありましたが、

まっさらなWindows の場合は、この3点が必要でした。

Visual Studio 2022

おすすめ設定

VS2022 おすすめインストール設定 ≫Visual Studio 2022 ダウンロード

他のバージョンと同じく、alwei先生推奨の、3項目にチェック。

次に、「個別のコンポーネント」のタブから、「.NET Core 3.1 ランタイム(LTS)」にチェック。

VS2019の時は、「.NET デスクトップ開発」にチェック入れるだけでよかった。

一応、VS2019用のドキュメントの設定を確認しておく。

単純なWindowsパッケージ化の場合、必要ない設定もありますが、

  1. 外部プラグインを導入する可能性がある場合。
  2. Windows以外へのパッケージ化をする可能性がある場合。
  3. C++を少しでも触る可能性がある場合。

などの際に、エラー遭遇確率を下げたい場合は、このあたりをインストールしておくのが良いと思います。

最低限必要な設定

Windowsのパッケージ化に、「最低限」必要なチェック項目 ≫Visual Studio 2022 ダウンロード
「ブループリントプロジェクト」+「プラグインの変更」
必須
  • .NET Framework (4.6以上) SDK
  • Windows 10 SDK (10.0.18362.0 以上推奨)
  • MSV v143 – VS 2022 C++ x64/x86 ビルドツール(最新)

この3つのコンポーネントがあれば、パッケージ化ができました。

公式ドキュメントの、Visual Studio 設定に何が書いてあるか、一応知っておくべきなので、載せておきます。

ドキュメントに準拠してチェックを入れると、以下のようになります。

Visual Studio 2019
  • C++ プロファイリング ツール
  • C++ AddressSanitizer (オプション)
  • Windows 10 SDK (10.0.18362 以降)

※Unreal Engine でC++開発をする為に必要な項目。

(ブループリントプロジェクトのパッケージ化には、必ずしも必要ではない。)

Visual Studio ダウンロード

Epic ランチャーからインストールが、バージョンなどを悩まず済むのでお勧めです。

Microsoft から直接ダウンロードする場合は以下のリンク
Epic ランチャーから、Visual Studio をインストール

Unreal Engine 起動後、
「ゲーム」テンプレートを選び、「C++」を選択すると、インストールのボタンが現れます。

画像のバージョンは、UE5.0.3です。

UE4.25 – UE5.0 では、Visual Studio 2019 のインストールボタン。

Document | Unreal Engine 用に Visual Studio をセットアップする

Unreal Engine バージョンVisual Studio バージョン
4.25 以降VS 2019 (デフォルト)
4.22 以降VS 2017 / VS 2019
4.15 以降VS 2017
4.10 から 4.14VS 2015
4.2 から 4.9VS 2013

再設定方法

Visual Studio 再設定

既に Visual Studio がインストール済みで、設定の変更などをしたい場合は、
Windowsメニューの検索から、「visual studio installer」を検索。

 ↓

 ↓

「変更」から、設定の変更ができます。

タイトルとURLをコピーしました