UE5 パッケージ化用 Visual Studio 設定で困った時に見るページ

UE5攻略 > パッケージ化 > Visual Studio 設定一覧

UE5のパッケージ化時に必要な Visual Studio の設定に関してまとめます。
バージョン毎に必要なコンポーネントが若干違う為、使用バージョンを確認してください。

バージョン対応表

Unreal Engine バージョンVisual Studio バージョン
5.4VS 2022 (予定)
5.2 – 3VS 2019 / VS 2022(デフォルト)
5.1VS 2019 (デフォルト) / VS 2022
4.25 以降VS 2019 (デフォルト)
4.22 以降VS 2017 / VS 2019
4.15 以降VS 2017
4.10 – 14VS 2015
4.2 – 9VS 2013
参照:ドキュメント
5.3 Visual Studio をセットアップする
5.1 Unreal Engine 用に Visual Studio をセットアップする
5.0 以前のドキュメントは、かなり古い情報。
5.0のパッケージ化は、注意事項が多めです。
ここに書かれていないバージョンで動く可能性はありますが、なるべく指定のバージョンを使うことをお勧めします。

Visual Studio ダウンロード方法

Epic ランチャーから、Visual Studio をインストール

Unreal Engine 起動後、
「ゲーム」テンプレートを選び、「C++」を選択すると、インストールのボタンが現れます。

画像のバージョンは、UE5.2.1です。

Visual Studio 再設定方法

既に Visual Studio がインストール済みで、設定の変更などをしたい場合は、
Windowsメニューの検索から、「visual studio installer」を検索。

 ↓

「変更」から、設定の変更ができます。

Microsoft から ダウンロード

ダウンロードには、Microsoft アカウントへのログインが必要です。

UE5.3用設定

検証 Ver UE5.3.2 + Win10 Windows用パッケージ化

  • UE5.3のデフォルト指定バージョンは、Visual Studio 2022 です。
  • UE5.3.1 + Visual Studio 2019 では、エラーが出ます。(UE5.3.2で直りました。)

公式ドキュメントの Visual Studio セッティングのページもご確認ください。
≫Visual Studio 2022 ダウンロード

Visual Studio 2022

おすすめインストール設定

公式ドキュメントを参考に、4項目チェック。

公式ドキュメントを参考に、4点確認。

  • C++ プロファイリング ツール
  • C++ AddressSanitizer
  • Windows 10 SDK (10.0.18362 以降)
  • Unreal Engine インストーラー

パッケージ化用のインストール設定は以上です。


C++開発をする場合は、以下のコンポーネントが必要になります。

  • .NET 6.0 ランタイム(長期サポート)
  • MSVC v143 – VS 2022 C++ x64/86 ビルドツール(v14.36-17.6)

(ここで入れなくても、VisualStudioでC++プロジェクトを立ち上げた際に警告が出るので、その指示に従えばインストールされます。)

最低限必要なコンポーネント

パッケージ化に必要なコンポーネント。(プラグインの追加や削除をしている場合)

  • Windows 10 SDK (10.0.18362.0 以上推奨)
  • MSVC v143 – VS 2022 C++ x64/x86 ビルドツール(最新)

この2つのコンポーネントがあれば、パッケージ化ができました。

Visual Studio 2019

  • UE5.1 の時の設定と同じ。
  • 注意事項
    5.3.1では、Visual Studio 2019 で パッケージが出来なくなっています。
    5.3.2では、問題が解消されていました。

UE5.3.1 + Visual Studio 2019 でパッケージ化をすると、
以下のログの数行後に失敗する。

Microsoft platform targets must be compiled with Visual Studio 2022 17.4 (MSVC 14.34.x) or later for the installed engine.

[翻訳] Microsoft プラットフォーム・ターゲットは、Visual Studio 2022 17.4(MSVC 14.34.x)以降でコンパイルされたエンジンでなければなりません。

Visual Studio 2019 は、MSVC v142。

UE5.3.2 では、問題なくパッケージ化できたため、特にアナウンスはないですが、バグだったようです。

C++開発に使う場合は、「.NET 6.0 ランタイム」が2019では非対応になった為、2022を使用するよう促されます。

Visual Studio なし

Visual Studio 未インストール状態でパッケージ化を行うと、SDKの更新を促すポップアップが出る。

ブループリントプロジェクトで、プラグインの変更などをしていない場合、
「続ける」で、そのままパッケージ化が可能。

プラグインの追加や削除をしている場合は、Visual Studio などのIDEが必要。

UE5.2用設定

検証 Ver UE5.2.1 + Win10 Windows用パッケージ化

  • UE5.2から、デフォルト指定バージョンが、Visual Studio 2022 になりました。
  • 2019のままでも問題ありません。
  • 必要な要素は、UE5.1から変更なし。

UE5.2で公式ドキュメントの Visual Studio セッティングのページに更新がありました。
≫Visual Studio 2022 ダウンロード
≫Visual Studio 2019 ダウンロード

Visual Studio 2022

おすすめインストール設定

公式ドキュメントを参考に、4項目チェック。

公式ドキュメントを参考に、4点確認。

  • C++ プロファイリング ツール
  • C++ AddressSanitizer
  • Windows 10 SDK (10.0.18362 以降)
  • Unreal Engine インストーラー

パッケージ化用のインストール設定は以上です。


C++開発をする場合は、以下のコンポーネントが必要になります。

  • MSVC v143 – VS 2022 C++ x64/x86 ビルド ツール (v14.34-17.4)

(VisualStudioでC++プロジェクトを開いた際に警告が出るので、その指示に従えばインストールされます。)

最低限必要なコンポーネント

プラグインの追加や削除をしている場合に、パッケージ化に必要なコンポーネント

  • Windows 10 SDK (10.0.18362.0 以上推奨)
  • MSVC v143 – VS 2022 C++ x64/x86 ビルドツール(最新)

この2つのコンポーネントがあれば、パッケージ化ができました。

Visual Studio 2019

おすすめインストール設定

公式ドキュメントを参考に、4項目チェック

公式ドキュメントを参考に、4点確認。

  • C++ プロファイリング ツール
  • C++ AddressSanitizer
  • Windows 10 SDK (10.0.18362 以降)
  • Unreal Engine インストーラー

言語パックを英語に変更。(文字化けと格闘したくない人用)

パッケージ化用のインストール設定は以上です。

最低限必要なコンポーネント

プラグインの追加や削除をしている場合に、パッケージ化に必要なコンポーネント

  • Windows 10 SDK (10.0.18362.0 以上推奨)
  • MSVC v142 – VS 2019 C++ x64/x86 ビルドツール(最新)

この2つのコンポーネントがあれば、パッケージ化ができました。

Visual Studio なし

ブループリントプロジェクトで、プラグインの変更などをしていない場合、Visual Studio 未インストール状態でパッケージ化を行うと、SDKの更新を促すポップアップが出る。

「続ける」で、そのままパッケージ化が可能。(UE5.1と同様)

プロジェクトのZip圧縮も可能。(UE5.0 では、この段階でVisual Studio が必要)

プラグインの追加や削除をしている場合は、Visual Studio などのIDEが必要。

UE5.1用設定 別ページ≫

UE5.0用設定(注意事項多め) 別ページ≫

UE4.27用設定 別ページ≫

後記

Visual Studio インストールしたけど、パッケージングできないんだが?という方向けの記事が以下になります。

UE5 で パッケージ化 が できない時の 確認事項 – Windows

間違いや、よりよい方法がありましたら、リプライいただけると助かります。

それでは、また次の記事で。